節句ニュース

令和3年定時総会資料配信のご案内

令和3年度

一般社団法人日本の節句文化を継承する会

定時総会資料一覧(要パスワード)

ダウンロードはこちらからどうぞ

https://drive.google.com/file/d/1Qc21YnkuEFSjYwRLDaDIbA228DSPwTUk/view?usp=sharing

資料開封時のパスワードは、正会員へ郵送済みの総会案内をご確認願います。

専務理事 柴崎 稔

2021-05-29 | Posted in ニュース, 節句ニュースNo Comments » 

 

令和3年5月理事会のご案内

令和3年5月理事会資料(関係者のみ対象)

ダウンロードはこちらからどうぞ

https://drive.google.com/file/d/1ukcZyZaAaRiCzCNuhlz-P8M1IufexH7n/view?usp=sharing

上記からダウンロードできない場合はこちらからどうぞ(どちらも内容は同じです)

https://xgf.nu/gQxW

資料開封時のパスワードは、会議参加対象者へ送付済みのメールをご確認願います。

2021-05-21 | Posted in ニュース, 節句ニュースNo Comments » 

 

五月五日『端午の節句』(菖蒲の節句)

5月になりました。

この様な時世ではありますが、少しお気を休めて頂ければと思い、5月5日「端午の節句」のご紹介をさせて頂きます。

古来より端午の節句は、厄除けの大事な日でした。鎌倉時代から武家政治へと移り変わり、武士の間では、尚武(しょうぶ=武の精神)の気風が強く、「菖蒲」と「尚武」をかけて、端午の節句を尚武の節目として盛んに祝うようになりました。

江戸時代に入ると、5月5日に男の子の誕生を祝い、武士の精神的な象徴である鎧・兜や幟旗(のぼりばた)などを飾って、その子の健やかな成長と家の繁栄を祈りました。やがて民間にも広がり、大きな作り物の兜や武者人形、紙の幟旗など飾るようになりました。また、外に飾る飾りとして鯉のぼりがあります。その昔、鯉が登龍門という滝を登りきると龍になって天に昇るという伝説があり、男の子が健康に育ち、出世して立派な人になってほしいという願いを込めて飾られました。

男の子が健やかに、たくましく育ちますように、病気や事故なく幸せな人生を過ごせるようにとの願いが込められた飾りは、周りの人たちの温かな想いが形となったものであり、子供の誕生を心から喜び、祝う日本の伝統行事の一つとなって現在も伝わっています。

今年も未だに「新型コロナウィルス感染症」、特に変異型が猛威をふるっています。

皆様におかれましては、三密を避けて、静かな「端午の節句」、オンラインで繋いでの「端午の節句」と感染を防ぎながらお祝いというのも良いかもしれませんね。

(文責)広報委員会 小田洋史

2021-05-01 | Posted in ニュース, 節句ニュースNo Comments » 

 

三月三日『上巳の節句』(桃の節句)

本日、3月3日と言えば『上巳の節句』(桃の節句)となります。

『上巳の節句』は、日本の古い習わし「人形信仰」〔三月の初めの巳の日に人形(ひとがた)、あるいは形代(かたしろ)と呼ぶ草木・紙・ワラなどで作った人形で体を撫でて身のけがれや災いを移し、川や海に流した習わし〕と中国の『上巳の節句』とが結びついたものです。

中国ではこの日、桃花酒を飲む習慣がありました。これは桃に邪気を祓う力があると信じられていたことから桃の節句とも呼ばれるようになりました。

江戸時代から現在まで日本では雛人形を飾る「ひな祭り」という日本固有の人形文化があります。雛人形は、「人形信仰」の行事と、平安時代の宮中の幼い姫たちの人形遊び(ひいな遊び)とが、長い間に結びついたのが起源と伝えられています。雛人形には、女児の健やかな成長を願い、その子の身代わりとなって厄災を引き受ける厄払いの意味もあるのです。

この時節柄、三密を避け静かな「ひな祭り」、「オンラインひな祭り」など感染を防ぎながらお祝いというのも良いかもしれませんね。

(お詫び)
この度の弊会記事に関し、一部不適切な表現がありましたので、昨日までの記事は削除させて頂き、修正して再度、投稿をさせて頂きました。
ご意見を頂いた方々や関係者の皆様には、大変申し訳ございませんでした。
今後、この様な事が無いよう記事を慎重に精査して掲載させて頂きます。
今後ともよろしくお願い致します。

                一般社団法人 日本の節句文化を継承する会
                       会 長  徳永深二
                      広報委員会 小田洋史

2021-03-01 | Posted in ニュース, 節句ニュースNo Comments » 

 

一月七日『人日の節句』(七草の節句)

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

 昨年より新型コロナウィルス感染症が蔓延し、現在もご不安のことと思います。そんな中ではありますが、少しでも栄養価のある食材を食べて健康を維持して頂く為、素晴らしき日本の伝統文化・食材の一つをご紹介させて頂きます。

もうすぐ一月七日の『人日の節句』となります。『人日の節句』は、正月の終わりが六日で新年の始めが七日ということから、この日は一年の始めの節日(季節の変わり目の日)とされていました。

昔、中国ではこの日に七種菜の汁を食して無病息災を祈願しました。これが日本古来の「正月七日のお祝い・七草粥」に通じ、『人日の節句』として定着しました。

七草とは、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの七つの野草となります。七草粥を食べる理由はたくさんありますが、自然界から新たな生命力をもらい、無病息災健康来福を願い、邪気を払うと言われています。冬に不足しがちな野菜をお粥に入れ食べていたともされ、江戸時代から大切な行事でした。最近では、お正月に食べすぎて疲れた胃腸をいたわり、ビタミンを補う効果もあるとも言われています。

 (文責)広報委員会 小田洋史

2021-01-04 | Posted in ニュース, 節句ニュースNo Comments » 

 

『日本の節句文化を継承する議員連盟』総会開催

コロナ禍でも、必要な東京出張!

昨日は、衆議院議員逢沢一郎議員が会長である「日本の節句文化を継承する議員連盟」の総会が、国会議事堂の隣り、衆議院第一議員会館で開催され参加してきました。主な議題は現在、久々に見直される、国指定の重要民俗文化財の改訂、拡充に「日本の五節句文化を指定」となるよう私たち「日本の節句文化を継承する会」から、文部科学大臣及び、議員連盟逢沢一郎会長宛てに嘆願書を提出してた件についての協議でした。会議は密にならないよう、人数を絞り開催されたが内容の濃い協議をして頂きました。

日本の五節句文化は平安時代に宮廷から始まり江戸中期からは一般庶民に広がり、日本独自の文化として伝承されています。ただ昨今の核家族化や洋風化する環境の中、少しずつ衰退しています。各家庭で、両親、祖父母や親戚などと交わりながら、子どもたちの成長を、願い祝う中で絆や礼儀礼節を学び、良き日本人の育成に貢献して来た節句文化の衰退は、これからの、節句文化を担う若者の育成も危ぶまれています。昨日の会議では、議員連盟所属の、前文部科学大臣柴山議員など議員の先生方、文化庁からは文化財課長、文化遺産国際協力室長、文化財調査官、文化庁の一部が京都に移転により京都からは担当部署の方2名テレビ会議で参加されました。

審議の結果、提出してた嘆願書を理解して頂き、議員連盟から現文部科学省萩生田光一大臣に嘆願書作成して提出して頂く事になりました。日本独自の文化として継承され「日本の五節句文化」を未来に繋げる、その為には「ユネスコの無形文化遺産登録」を目指しています。先ずは国内法の改正を望むところです。逢沢議連会長、議連所属の議員の皆さま、ご参加された、文化財の皆さまに感謝申し上げます。

一般社団法人日本の節句文化を継承する会 会長 徳永深ニ

2020-12-11 | Posted in ニュース, 節句ニュースNo Comments » 

 

一般社団法人 日本の節句文化を継承する会