研修会「知っておきたい相続と事業継承のキホン」         講師:細野達男氏

平成30年12月11日(火)弊会の12月理事会終了後、講師として有限会社マルタツ 代表取締役 細野達男氏をお迎えし、「知っておきたい相続と事業継承のキホン」と題し、日本人形協会 埼玉支部の皆様と共に研修会が開催されました。細野氏は、相続に対する税の種類、節税対策、遺言信託など、依頼人に合った適切なアドバイスをすることモットーに活動れておられるそうです。また、約1000件以上もの相続案件を取扱われ、様々な事例を基に講演をして頂きました。その事例の中で、重要に感じたのは「事前に相続人の確定をしておく」「遺言書を書いておく」ことです。基本的に遺産をどう分配するかは、相続人である人達によって様々なので、確定をしておかないとトラブルや身内の争いに発展する恐れもあるので、時間と労力も掛かり、相続人の方にも良いことではないようです。また、遺産にもプラスの遺産とマイナスの遺産があり、内容によっては遺産を放棄する選択も必要であることを教えて頂きました。
私自身も事業の継承や相続する上で、残された家族や会社のことを考えて責任ある行動をしておかなければならいと改めて感じさせて頂いた研修会でした。
研修会終了後、細野氏を交え埼玉支部の皆様とパレスホテル大宮2F「中華料理 瑞麟」にて懇親会が催され、研修会で聞けなかった相談など皆様と楽しく親睦を深めることが出来ました。(文責:広報委員会 小田洋史)

2018-12-13 | Posted in ニュース, 節句&活動ニュース

一般社団法人 日本の節句文化を継承する会