平成30年 12月理事会

平成30年12月11日(火)埼玉県さいたま市大宮にある「TKP 大宮駅西口カンファレンスセンター」にて12月理事会が開催されました。
協議・審議事項として、(1)新入会員入会承認(案)について、(2)未来への懸け橋構築事業 第2章計画(案)について、(3)ユネスコ登録に向けたパンフレット作製(案)について、(4)子供の節句・匠の世界を伝承する日本人形の歴史と伝統工芸展~伝統と革新ひな人形コレクション~開催計画(案)について、(5)日本博イベント開催企画(案)について、(6)内部広報誌「継承」第2号発行(案)についてと今回も盛り沢山の議案が協議・審議され、新たな組織計画などについて活発な意見交換がなされました。
連絡報告事項として、(1)和食文化国民会議 諸事業について、(2)文化庁訪問・岩槻区役所訪問 面談報告について、(3)当会パンフレットの保管場所について、(4)Facebookの拡散についてのお願い、(5)服部裕子氏「日仏文化の架け橋半世紀」講演会のご案内、(6)やまがた広域観光協議会「雛のみち」への後援・支援経過報告、(7)正会員退会者についてが連絡・報告がなされ、他団体との協力や交渉などでオリンピック・パラリンピックなどへの参画、ユネスコ無形文化財登録に向けての活動が少しづつ進んでいるのを実感しました。また、弊会のホームページやFacebookの拡散によって幅広い方々へ弊会活動のご理解やご協力を頂けるよう、会員の皆様へ向けて協力のお願いがありました。(文責:広報委員会 小田洋史)

2018-12-13 | Posted in ニュース, 節句&活動ニュース

一般社団法人 日本の節句文化を継承する会