平成30年 10月理事会

平成30年10月15日(月)徳永会長のお膝元、岡山県の徳永こいのぼり様にて10月理事会が開催されました。オブザーバーとして㈱徳永こいのぼり 徳永夕子社長、宗永 洋専務、㈱フジックス 藤井久行会長をお迎えしました。
協議・審議事項として(1)新入会員承認について、(2)内部研修事業開催(案)について、(3)本会広報用パンフレット作成(案)について、(4)ユネスコ登録に向けたパンフレット作成(案)について、(5)プロジェクトチーム発足(案)について、(6)日本人形協会会員からの議員連盟への議員推薦について、(7)「未来への懸け橋」構築事業 第2章計画(案)について、(8)やまがた広域観光協議会「雛のみち」への後援・支援について等が協議・審議され活発な意見交換がなされました。その中の(5)プロジェクトチーム発足(案)についてでは、2020年開催のオリンピック・パラリンピックと同年開催予定の日本博に向けてのプロジェクトチームリーダーとして、倉片順司副会長(担当:東京五輪文化発信プロジェクト(仮称))、金林健史副会長(担当:議員連盟・文化庁連携プロジェクト(仮称))が選任され、対外的にも積極的に取り組んで参ります。
連絡報告事項として、(1)和食文化国民会議 諸事業について、(2)文化庁からのご案内(伝統文化親子教室事業)、(3)今秋発行の内部広報誌作成について経過報告、(4)「未来への懸け橋」構築事業 京都地区編 実施報告等が報告されました。尚、弊会初となる第一号内部広報誌については、11月中旬頃に会員の皆様にお届け予定となっております。
理事会終了後、西洋の古城庭園を思わせる「レ・マーニ」にて懇親会が催され、綺麗な星空の下、オブザーバーの皆様との懇親を深めさせて頂きました。
(文責:広報委員会 小田洋史)

2018-10-17 | Posted in ニュース, 節句&活動ニュース

一般社団法人 日本の節句文化を継承する会