一般社団法人 日本人形協会 第45回通常総会開催

平成30年8月27日(月)埼玉県さいたま市大宮のパレスホテル大宮にて弊会の協力団体である「一般社団法人 日本人形協会」の第45回通常総会が開催されました。総会開催前に会員である業界功労者及び優良従業員の表彰が発表され各地区の支部長が代表で受け取られていました。通常総会議案に入り前年度事業・決算報告、次年度事業・予算計画、任期満了に伴う理事・監事改選などが審議されました。そして、臨時理事会において、今年度会長に金林健史氏が再選されました。総会終了後、日本の節句文化を継承する会の報告として弊会の戸塚理事より「日本の節句文化を継承する議員連盟」設立、「和食文化国民会議」との連携などの報告がなされました。総会や各報告などを見聞するに一般消費者の目線で製造、卸、小売が協力して業界の環境が良くなるように弊会も連携・協力して参りたいと感じました。その後、『暮らしを彩る「人形」と「食」』と題してフードジャーナリスト・食文化研究家でもある向笠千恵子氏による講演が開催され、各地の節句行事の画像を交えて講演されました。改めて日本人にとって、節句という文化に対する「人形」と「食」との関係は感慨深いものを感じました。詳しくは、著書「人形と和食つれづれ風土記」をご覧ください。今後人形を扱う上で、何かヒントになるかもしれません。日本人形協会で申込みを受付ているそうです。           (文責:広報委員会 小田洋史)

2018-08-29 | Posted in ニュース, 節句&活動ニュース

一般社団法人 日本の節句文化を継承する会